スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Blog Ranking参加中。
クリック、お願いします。
FC2 Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ

自分の目の事を考えてみる。

突然ですが最近、自分の目の事を真剣に
考えるようになりました。
ということで、今までの事・こらからの事を
メモ程度に書いておこうかなと思います。
多分、長くなると思うので
よかったら、読んでください。

生まれてから、成長しテレビを
観るようになった頃、画面から近いことを
気にした祖母が、母に言って眼科に連れて行ったそうです。
そこで、何を言われたかは知りませんが
僕は、物心ついたときから眼鏡をかけてました。

僕が、眼鏡をかけ始めたのは
小学1年生頃だったと思います。
教室では、いつも前の席でした。
学年が変わった時に、偶然番号の関係で
後ろの席に当たった事はありますが
逆に、前じゃないと困るんですね。
また、小学校の頃の席替えは
くじ引きが主流だった為
僕は、いつも参加してなかったように思います。
先生によれば、目が悪い子同士で
くじ引きをしてくれた時もあります。
その頃は、年に1回の健康診断にて
視力の再検査の紙を毎年もらってました。
もらっては、眼科に行って
視力測ってもらったりして
先生に記入してもらい、提出をしていた感じです。
正直、その頃は特に自分の目が何故悪いのかとか思わず
ただ、目が悪いという事しか頭になかったですね。
周りの友人・知人にも、そうとしか伝えて無かったですし。
眼鏡をかけている事により、いじられたこともあったし
黒板が見えない事で、苦労もしました。
まぁ、小学校では遊んでた気がしますが…。

それから、中学校に上がってからも一緒でした。
前の席、毎年再検査の紙、黒板との格闘
友人・知人への理解してもらう事。
当時は、そこまで考えてなかったと思いますが。
中学校の頃でも、ただ目が悪いとだけ
周りに伝えていた気がします。

高校の時も、同じでしたね
前の席、毎年再検査の紙、黒板との格闘
友人・知人への理解してもらう事。
でも、中学校の頃と変わったのが
自分の視力の低下です。
それにより、ただ目が悪いだけでは
通らなくなってきたように思いました。
高校の時の視力検査なんて、ひどいもんでした。
視力検査の紙を壁に貼って、棒を使って行います。
僕は、「その棒が見えないんで。」と言ったら
場がざわついた気がしたのを、今でも覚えてます。

大学では、ホワイトボードという新たなる敵が。
あいつは、全然見えないです。
文字が書かれているんだろうな程度です。
正直、大学の講義でホワイトボードを見て
ノートなんてとったことないです。
講義中、後で見せてもらう感じです。
小・中・高でも、最悪の場合この手段を使ってました。
1年の頃には、事情を知らない先生に
小さな文字のプリントを読んでくれと言われ
案の定、見づらく詰まりながら読み終わると
ぼろかすに言われた事もあります。
一気に変わったのが、2年生初めの健康診断が終わり
毎度の再検査の紙を提出しに行った時です。
視力の低さの異常を観て、話を聞かせて欲しいと。
何度か行って、お話を聞いていただいたり
学部のお偉いさんに話を聞いてもらったりしました。
正直、今までの対応と違ったので戸惑った感もあります。
ですけど、嬉しかったのは事実です。
とりあえず、2年後期から
プリント拡大等の配慮をしてくれている現状です。

最近になって、やっと自分の目の事を考えるようになった。
今まで、そこまで考えてこなかった部分です。
何故かと言うと、成人になったしというのもあるし
仕事の事とかも真剣に考えないといけないから…。
それまで、ただ目が悪いだけと思っていた。
以前、レーシック手術の術前検査に行った事もあるし(参考)
それが、無理とも言われた(参考)。
その時には、円錐角膜と言われた(参考)。
その事を、いつもの眼科医に言うと、円錐角膜ではなく
網膜色素変性症と言われた(参考)。
正直、病名はどっちでもどれでもよかった。
確定してくれる事が一番うれしかった。
今までの、ただ目が悪いじゃなくて
ちゃんとした病名で、自分を知ってもらった方がいいと思うから。
今まで、理解してもらう事が結構難しかったです。
僕みたいに、ただ目が悪いんだなぁと
思っていてくれれば楽なんですが…
眼鏡をかけていることにより、見えていると思われがちで。
眼鏡ということもあり、最高に上げても
人より劣る視力にしかならない現状です。
コンタクトレンズでもあんまり変わらなかったですね。
正直、コンタクトレンズは取り外す自信がないですが…。

今のところ、網膜色素変性症ということで
その専門の先生がいる病院へ行く事になってます。
都合があえば2月中、無理なら3月。
視力が上がるような方法があるなら検討・勉強したいし
ダメだとしても、今後視力を落とさないようにとか。
今後、どうしていくとかいろいろありますが
とりあえず、専門の先生がいる病院へ行ってからの話です。

友人・知人には、大変な迷惑や協力をしてきてもらい
今の自分があると思ってます。
とっても感謝してます。
また、迷惑や協力を求めるかもしれません。
将来への不安などなど、無いわけではないですが
前向きに行かないとね。

普段、口にしないような事を書いたので
文がめちゃめちゃで、すみません。
正直に、思ったことをバーって書きました。
また、ちょこちょこ修正していくかも。
関連記事

Blog Ranking参加中。
クリック、お願いします。
FC2 Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ

PageTop

コメント

目が悪いとは聞いていましたが(読んでいましたが)、
想像よりずっとご苦労されていたのですね。

でも、良い環境に恵まれておられることも
同時に伝わってきました。

今後、良い方向へ進展する事をホントに祈っています!

>ケイコさん

コメント、ありがとうございます。

そうですね、案外重症です(笑)。
また、今もですが今まで
本当にいい環境だったと思います。
本当に、感謝感謝です。

少しでも、研究が進んで
治療法出てくるといいんですがね~。
また、お会いする時には、ご迷惑かけちゃうかもしれませんが
どうぞ、宜しくお願いします。

では、

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

blog情報


管理人ゆーた(プロフィール)
カウンタ
リンク基本フリー
コメント等承認制
最新記事RSS

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

ワード検索

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。