スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Blog Ranking参加中。
クリック、お願いします。
FC2 Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ

決めてきました。

ハードコンタクトレンズなら
視力が上がるかもしれないということから
試してみたら、思っていた上に上がったねって
コンタクト診察受けてきましたが
今日、決着つけてきました。
[参考]カテゴリ 目のこと

結論から言うと、「眼鏡(裸眼)でいく。」です。
左右で症状が違ったりするので
ややこしいですが、理由としては。

まず、ハードコンタクトレンズから。
試した期間は、約1カ月半
(つける日もあればつけない日もあったため)
左右→視力回復・耐えられない異物感なし・取外し時間が長い
視力は上がるし、強い異物感等もありません。
取外し時間については、僕がビビりなだけです…。
(つける際に当たって痛いのは事実。)
左→涙目状態・手元が見づらい
得られる視力から考えると、手元が見づらい点は拡大鏡など
使っていけばいいかなと思えるレベルですが
涙目状態が結構きつくて、せっかくの視力を台無しに…。
特に夜や暗い(薄暗い含む)場所では
つけてない方がいんじゃねってぐらい涙目状態になります。
異物感を強く感じてなくても、目にとっては異物。
なんか、涙が多いらしい。
右→涙目状態・レンズが当たって傷
涙目状態については、左より強くない。
今回のことで、傷出来ると地味に辛いと痛感。
今日の診察では、だいぶ良くはなってるけど
まだちょっとあるらしい(以前のような違和感はなし)。

次に、ソフトコンタクトレンズ。
試した期間は、約1週間~2週間(左のみ)
(度が違うのも試してみた。)
左右→視力回復・耐えられない異物感なし・取外し時間が短い
視力回復については、右は眼鏡より少し上がる程度。
異物感は全くない、つけてるのを忘れられるレベル。
ハードコンタクトレンズより、格段に取外しが楽。
左→手元が見づらい
ハードより視力は出ないが涙目状態はなし。
右→傷があるということで、長期間試すことはしていない。
判断材料としては、前回の数値。

パソコン・携帯電話・ある程度の小さい文字など
読み書きする上で、今まではこちらから近づいて
見に行ってたことが、コンタクトでは不可。
ハードでもソフトでも遠くはくっきりしていい感じなんだけど
ある程度、近くも重視したいってのもあり
コンタクトつけてる方が不便って感じることが多々。
手元にピントを合わせて度の違う眼鏡という案も
先生は提案してくれたが、視力の左右差は眼鏡の時より大きくなる。
ソフト試している間、左だけ試した状態だったんですが
せっかく左の視力が上がっても、右が邪魔する感じ。
涙目状態・手元の見づらいは、まれ?みたいで
ハードの際は、テストレンズが無かったってこともあるが
次回まで様子見期間があった。

手間とかお金の問題を考えなかったとしても
近づいても手元が見えづらかったり
視力の左右差とか考えると
得られる視力の魅力が薄くなっていくんですよね。
眼科でテストレンズを入れた際
ある程度、分かるだろうと思われるかもしれませんが
一度それで生活してみるってのは重要です。
判断材料としては、上記どおりですね。

ほんと、先生や業者の方には長期に渡り
お付き合いいただきました…。
こんなに、不具合ばかり言ってくる患者もいないだろうな…。
長期間、ハードもソフトも試した上で判断出来て良かった。
ハードコンタクトレンズ紛失という恐ろし体験も出来ました…。
コンタクトが嫌だとかじゃなく
コンタクトでのメリットも考えて
総合的に判断した結果です。
一生、コンタクトにはしないのか?と聞かれると
今後どうなるか分かりませんが。
現状では眼鏡(裸眼)でいくことにしました。

次回から、通常の色変外来のみに戻ります。
関連記事



Blog Ranking参加中。
クリック、お願いします。
FC2 Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ

PageTop

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

blog情報


管理人ゆーた(プロフィール)
カウンタ
リンク基本フリー
コメント等承認制
最新記事RSS

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

ワード検索

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。