スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Blog Ranking参加中。
クリック、お願いします。
FC2 Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ

洗面台に落としてしまい、行方不明…。

今日のことはあまり書きたくないんだけど
書かないと忘れそうだから、書いておこう。
というか最近、目のことしか書いてない。
去年の最後の記事、なんて書いたんだっけ…。
まぁ、実行出来てないってことですね、はい…。

ハードコンタクトレンズを処方してもらって届いて2ヶ月(参考)
前回の検診からは1ヶ月。
1ヶ月の時点で、涙目みたいな状態が続くなど
装用時の異物感は強くないものの別の問題があり
次回、別のレンズを試す、それまでは経過観察。
こんな感じでした。

また、いつからかはっきり覚えてないんですが
(前回の検診後)
右目になんとなく違和感がでるように。
(コンタクトを装用してなくても)

で今日、眼科に行く日だったんです。
右目は違和感あるし、無理に装用せず
左目だけにしておこうと、装用作業に。
そして、事件が…。
落ちたんです、コンタクトが。
カチッって感じで、洗面台に落ちたのは確かなんです。
ここまでは、何度か経験済みなので慌てません。
その後、すぐさま捜索を開始。
今までなら、見つかってたです…。
ですが、今日は見つからなかった…。
母親にも報告して一緒に探しましたが…。
しかも、神戸まで行かないといかんので
時間ないんですよ…、てか眼科ある日に無くすって…。
行かずに探すってわけにも行かず、諦めることに…。

ブルーな気分で眼科へ。
左目のコンタクトを紛失したことや左目の涙目状態が継続してること
右目の違和感などなど、近況を報告。
裸眼の視力測定した後に
左目は、度だけが違う形状・大きさは同じもの
右目は、カーブをその場で加工してもらったもの
を装用して視力検査。
その後、診察。
右目の違和感は、傷が原因らしい。
強い異物感は感じてなかったが
こすれていたんじゃないかって。
円錐角膜で、完全ってのが難しいみたい。
涙目状態は、涙が多いみたい。
強い異物感は感じてないけど
目にとっては異物なのは間違いない。
それが落ちつくかっていうのも経過観察ポイントだった。
異物感は訴えないわりに、症状だけ出てる感じ?
涙目状態ってそんなに問題無いように思われるかもしれないけど
あくびをした後の視界がずっと続いて
コンタクトがあるから、こすったりも出来ない。

ソフトなら目にとってもそんなに刺激にならず
涙目状態も今よりかは落ちつくんではないか。
視力がそんなに出ないだろうけどソフトも試してみることに。

補正 0.07
ハード 0.3
ソフト 0.2

補正 ?
ハード 0.1~0.12
ソフト 0.04
左は、思ってた以上に出たって感じだった。
もうね、コンタクトレンズってさ
カーブの具合とかいろいろ種類あって専門的だからさ
先生と業者の方がこうなんじゃないかってのが
そうなんだとして理解するしかないんだよね。
なんか自分の目が、すごくひねくれてるんじゃないかと思った。

とりあえず、ソフトを2週間程試して経過観察って事になりました。
右目は、ソフトを入れてても大きくあがるわけじゃないし
傷もあるし、何もしない感じに。
2週間程試してからの
ハードかコンタクトか眼鏡かってのが決めれそう。
その後、ソフトコンタクトレンズの取り外しの練習を
ちょこっとしておしまい。
ソフトコンタクトレンズって、扱いにくいなぁ。
取り外しは、ハードよりかは楽かも(あくまでも「かも」)。

2ヶ月で紛失って、ほんとあり得ない…。
関連記事



Blog Ranking参加中。
クリック、お願いします。
FC2 Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ

PageTop

コメント

そもそも網膜の病気なのにね…
角膜まで傷ついたら心折れちゃうよね~。

>あんずさん

コメント、ありがとうございます。

まぁ、現状の視力低下は、乱視や円錐角膜のせいも
あるみたいですが、傷ときくとあまりいい気しませんからね~。

では、

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

blog情報


管理人ゆーた(プロフィール)
カウンタ
リンク基本フリー
コメント等承認制
最新記事RSS

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

ワード検索

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。