スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Blog Ranking参加中。
クリック、お願いします。
FC2 Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ

白杖シグナルもいいけど、白杖=全盲じゃないんだよ。

最近、twitterやfacebookである話題が拡散されている。
「白杖シグナル運動」と呼ばれる運動の存在が。
twitterやfacebookでたくさん拡散・伝言ゲームが行われていて
僕自身も起こっていることについて把握しきれて部分もあるが
把握してる限りの情報等で、考えを記録しておこうと思った。
twitterだと気軽なのは良いが、情報の流れるスピードが速すぎる…。

「白杖シグナル運動」とは、簡単に言えば白杖活用者が
白杖を頭上に掲げている時は助けを求めていますよということを
周知していこうとする運動。
「白杖シグナル」広めよう 九州盲人大会で採択
僕の記憶上では、この話題は2回目の登場。
確か去年も、この運動を広める情報が拡散された。
2回目の今回、結構拡散されてるみたい。

白杖に対しての話題・拡散が盛んに行われたこと自体は
とても喜ばしいことだと思っている。
しかし、ニュース記事にもあるように「白杖シグナル運動」は
昨秋に再提起された運動で、それまで浸透していなかった運動。
現在白杖を活用している人も知らない場合が多い状態。
現状では全国規模の運動ではないのだ。
これから広めようとしている運動なのだから
拡散されて周知されていることが悪いことだとは思わないが
まだ全国規模でもないことが、拡散・周知されてて
この運動が当たり前みたいな定着は、もやもやする。
また、間違った風に伝言ゲームされている場合もある。
どこかの方言だったか、頭上に掲げる・あげることを
「ぶん回し」というらしく、方言を知らない人は
白杖を振り回している人は助けを求めているという拡散や
「危ないでしょ」という意見もあったと記憶してる。
これからの運動ということを知らないままだったり
間違っていたり、どんどん拡散されている。

白杖=全盲というイメージが強いというのも改めて感じた。
僕も数年前まで、白杖は目の見えない人が使う物って思ってましたから
偉そうなことを言える立場じゃないのかもしれません…。
白杖は、視覚障がい者(全盲・ロービジョン)が活用する杖。
道路交通法 第14条では、目の見えない者・それに準ずる者は
白杖を持つことを義務づけられている。
それに準ずる者の基準は明確ではないが
ロービジョンは準ずる者に入るだろう。
また、視覚障がい以外の障がいを持つ人も
白杖を携行することが認められている。
義務づけられている事自体が広く周知されていない上に
ロービジョンの場合、必要な時だけで十分だったり
白杖=全盲という世間のイメージから抵抗を感じる人も多い。
「白杖シグナル運動」も大事だろうけど、白杖=全盲という誤った
認識・イメージを正していくのもとても重要だと思う。

僕もだいぶ前から、白杖持とうかなって思ってますが
まだいいかなっとか思っちゃうんですよね…。
あと、ちゃんと講習?受けてから購入したいってのもあります。
こんな記事書くより、白杖持って歩いた方が良いのかもなぁ…。

なんで、はくじょうで変換して白杖と出ないの…?
関連記事



Blog Ranking参加中。
クリック、お願いします。
FC2 Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ

PageTop

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>非公開さん

アクセス・コメント、ありがとうございます。

もちろん、いいですよ。
ロービジョンの立場からの意見で良ければ。
よろしくお願いします。

では、

あっちのグラフとこっちの数字を見ていたらね、口の形が『お』,目の大きさが倍になり、そのまま暫しフリーズ状態の私…。すごいね、白杖の反響(^^ゞ 
>僕の記憶上では、この話題は2回目の登場。
ネットの世界の激論ですから、巡り巡って3回目4回目もあり得る話でしょうね(^^;
>白杖=全盲というイメージ
これは残念ですが、致し方ないことなのかなとも思うのです。
例えば、私は点字を触読することで、触覚の有能さに気付きました。今、私の中で触覚は❝チャンピオンof五感❞です(^^♪ 自分の置かれている状況に立って経験して、初めて気付くことっていっぱいあるんだよね~!
>僕もだいぶ前から、白杖持とうかなって思ってますが
うんうん、夜間だけでもね、白杖デビューしてほしいなぁ(*'▽')

>あんずさん

コメント、ありがとうございます。

正直、ここまで読まれると思ってませんでした。
まぁ、リツイートされた結果なんですけどね。
仕方ないとは思ってるんですけど
逆に今回みたいに一気に拡散された事例を体感?すると
今回みたいな感じで、発信出来るんじゃないかな
という淡い期待もあります。
白杖、買おうと思えばわくわく用具ショップで買えるんですけどね。
正しい使い方とか体験してからかなっという気持ちもあるんですよね。

では、

連投失礼します<m(__)m>
『イメージ』と言えばね、私はとても羞明が強い為、曇りの日でも遮光眼鏡をかけています。そう、世間のイメージは決していいものではないのです。とにかく周りの目が気になります。
・園庭にお迎えに行くのが嫌だったなぁ
・私のせいで子ども達がいじめにあったらどうしよう
こんな私でもね、不安を抱え自己嫌悪に陥ったりするんだよん(^^ゞ いろいろな葛藤があったけれど、結局サングラスを外すことはできなかった。だって~眩しいんだもん。目が開けられないんだもん。サングラスが必要なんだもん。そこにはイメージ云々言っていられない現状があるのですよ。

白杖に関しても、必要だから持つ!!! これじゃダメなの???
あ、ロービジョンのどなたかが超有名人→例えば首相にでもなれば、白杖=全盲のイメージは劇的にかわるのでしょう。これはかなり極論だけどね(笑) でも世間のイメージが変わったとして、果たしてそれで自分がそれこそ劇的に楽になるのかなぁ…。

『時には負ける時がある。しかし人間の価値は苦しみや辛さをどれだけ多く乗り越えたかで決まる』父子家庭だった私にくださった先生のありがたいお言葉を紹介して終わります(*^^*)
以上がゆーた君の気分を害す文面になってしまったとしたら素直にお詫び申し上げます。 

>あんずさん

コメント、ありがとうございます。

「必要だから持つ」、この必要という状態だと
強く思えないから踏みきれないんだと思います。
必要という状態だと強く思えないからこそ
周りの目だったりイメージが気になるんだと思います。
だからこそ、世間のイメージを変えたいと思います。
だからこそってのも変な気がしますが…。

正しい理解を広めれば、劇的に楽になるかは分かりませんが
今白杖を活用してる人や僕のように持つか検討してる人
これからの世代の人にも良いと思ってます。
白杖=全盲のイメージとは別になりますが
白杖活用者の誘導方法など、正しい理解が広まれば
怖い想いをする人も少なくなると思います。
(楽とはちょっと違うものかもしれませんが。)

では、

よくわかります!熱い想いはちゃんと伝わりました(*^^*)
確かに誤認を正すこと自体は良いことですよね。ただ人間ってね、※マイナス情報ばかりを頭にインプットしてしまうと、脳内が『不安』の文字で埋め尽くされてしまって、肝心のプラスの一歩が踏み出せなくなってしまうのよ。(ゆーた君、今この状況下に置かれてない?)
※『誤り』を『正す』に変換する際にちらつくのが
「あの人があんなこと言われていたから。こんなことされていたから。」などの不安材料(マイナス情報)

それよりも、白杖の【利点】をたくさん発信(PR)していったほうが、今白杖デビューで悩んでいる方達の心は大きく動くんじゃないかな!?ってね(^^ゞ
うーん…この先はきっと、人生観だとか世界観だとかそっち方面の話になっちゃうよね(^^; これ以上ゆーた君のブログを荒らすつもりはございません。はい(*´ω`) 長々とごめんね、失礼致しました<m(__)m>

あ、当然のことだけど、白杖は人に言われて無理矢理持つものではないので、自身のペースでね(^^)/~~~

>あんずさん

コメント、ありがとうごいます。

おぉ、うまく言葉に出来ませんが
なんか感動というか「おぉー」と思ってます。
不安材料…、確かにそうかもしれません、その状況下にいるかも。
きっと今までの自分のイメージだったり、今までの自分のイメージを
周りの人はこう思うんじゃないかという
勝手なイメージが不安材料になってるような気がします。
(分かりにくい文で申し訳ないです)。
自分にとって必要と強く思えてないけど
プラスになるということは分かってる。
でも、自分の中でマイナスイメージ
(白杖に対してのものではなく)が強い…。

あんずさんが伝えたいことを僕なりに解釈して考えた結果
白杖の利点を発信するには、活用してなくても出来ますが
やはり活用していた方がその情報に信憑性が出る。
てことはまず、僕が自身と話し合って白杖を持つことが必要。
(堅苦しいな…)。

考える機会を与えてもらったように思います。
ありがとうございます。

おぉ、私も感激~~~(^^)/
予想外の返し(共鳴内容)に驚き、再々々登場しちゃったよぉ(←またかよ(/ω\) 更に、調子に乗って勝手ながら…↓↓(おいおい(*ノωノ)

   [僕の相棒(白杖)の魅力]
不安からスタートした僕の白杖デビュー。確かに、前評判通りの悲しい思いは何度か経験した。人知れず悔し涙だって流した。しかし実際は、便利と感じる時間の方が圧倒的に長かった。友人は以前と変わらぬ態度で接してくれた。まちゆく人の視線も思いの外あたたかかった。そして何より白杖に助けられた。やっぱり案ずるより産むが易しなんだな。僕の白杖歩行は今、希望へと変わった。

くくっ( *´艸`)こんなゆーた君の未来日記を想像しながら…
今度こそ本当に…完(^^;

>あんずさん

コメント、ありがとうございます。

未来日記(笑)。
このようなカッコいい日記書けるようになりたいです。
どう転ぶかまだまだ、自身と話し合っていきますが
プラスに考えていかなきゃなみたいな
考える機会をいただけました。
ありがとうです。

では、

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

blog情報


管理人ゆーた(プロフィール)
カウンタ
リンク基本フリー
コメント等承認制
最新記事RSS

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

ワード検索

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。